難聴になるストレスの症状や対処法を考えるブログ

毎日の生活の中抱えてしまうストレスが引き起こす症状について

MENU

騒音でストレス!毎日使う地下鉄が難聴を引き起こす?

    f:id:haken1000:20180108232721j:plain

 

普段生活している中で聞いている音ってどのくらいの騒音なのだろうかと最近気にするようになってきています。

 

難聴で聞こえづらくて困難な事が多いのに、今更周りの騒音が気になるのは遅すぎるのかもしれませんね(^_^;

 

毎日の生活の中で常に気にかかるのは自分の聞こえの低下についてです。

ちょっとでも今まで聞こえていた音が聞こえなくなると顔は青ざめてしまいます。

 

テレビの音が聞こえなくなっていることで、何度顔が青ざめてしまったかわかりません・・・

 

聴力というのは一度低下してしまうと回復は見込めないと言われています。

回復の可能性があるのは、手術か補聴器だけで自然に治癒することは無いと言われています。

 

それだけ聴力は大切にしなければならないということなのです。

 

難聴を引き起こす騒音レベルはどのくらい?

世の中の騒音レベルを常に考えている人も少ないと思いますが、騒音計のアプリを使うと騒音レベルが確認できます。

 

120db:Thunder
110db:Rock music
100db:Subway train
90db:Factory Machinery
80db:Busy street
70db:Busy Trafic
60db:Converstation

 

これで言うと、地下鉄の電車では110dbということになります。

通常電車では目安として80dbとされているようなのですが、騒音アプリで言うと人通りの多い街中ということになりますね。

 

難聴になってしまう可能性が高いのは騒音レベルの大きさとそれを聞いている時間になります。

 

騒音難聴における労災認定される基準として85dbの騒音の中で5年以上仕事に従事したものとなっています。

 

すなわち騒音を継続して聞き続けると難聴になる可能性が高いということになります。

また長期間騒音を聞き続けなくても爆音を聞くと難聴になってしまうことあります。

 

爆発するような衝撃の高い音です。

普段の生活から爆発音のような音を聞くこともほぼないと思いますが(^_^;

 

難聴でストレスを抱える前にヘッドフォンで音量制限を

最も危ないと言われているのはイヤホンやヘッドフォンの使用です。

私も以前はそうでしたが電車の騒音の中でイヤホンから聞こえてくる音は小さく聞こえます。

 

そのため80db以上の騒音の中で他の音を耳から聞き取ろうとするとそれ以上の騒音を出さなければなりませんよね。

 

その騒音の中のさらに大きくした音を長時間継続して聞いていることになるのです。

騒音難聴を引き起こしてもおかしくありません・・・

 

また長時間騒音を聞き続けていると内耳にある大切な音を感じる部分の有毛細胞の一部が損傷してしまう可能性もあります。

損傷がひどければ二度と回復することができない大切な細胞なのです。

 

イヤホンよりもヘッドフォンの方が耳には優しいです。

イヤホンではダイレクトに音が耳の中に入っていきますが、ヘッドフォンであれば耳全体に覆うことになるので音の聞こえは少しやわらかくなるはずです。

 

電車内で音量制限をかけると少々小さく感じて聞こえづらいのかもしれません。

けれど将来ずっと聞こえづらくなってしまう難聴を引き起こすよりも、何倍も何十倍も良いはずです。

 

今はノイズキャンセル機能がついている高機能のものもたくさん販売されています。

試聴したり店員さんに聞いたりしながら難聴にならずにより良い聞こえを手に入れられるヘッドフォンを探すこともできるでしょう。

 

時には耳を休ませてあげることも、聴力低下を防ぐには必要なのです(*^_^*)