難聴になるストレスの症状や対処法を考えるブログ

毎日の生活の中抱えてしまうストレスが引き起こす症状について

MENU

片耳だけの難聴の人がストレスを感じにくい職場や職業について

           f:id:haken1000:20171126151139j:plain

 

片耳だけ難聴の人も、仕事で悩みを抱えることが多いのです。

聞こえづらくなっていることで、会社に伝えるべきか。

または一緒に働いている人に伝えるべきかで悩んだりもします。

 

また人と接することが多い仕事をするとますますストレスを抱えてしまうことあり、職場や職業は考えざる得ない1つとなっています。

 

ストレスを感じにくい職場とは

片耳に難聴が起こる人も多く、片耳だけのため、補聴器を使わずに仕事をしている人も多いです。

 

けれど、聞こえない状況も多くあり、聞こえない状況での仕事がさらにストレスに感じてしまい、難聴の治療がなかなか進まないということもあります。


そこで職場を考えたいのですが、できるだけ騒音のない環境を選びましょう。

オフィスワークでも電話がひっきりなしに鳴るようなところより、事務仕事だけに集中できるような仕事の方がストレスは少ないかもしれません。


また気圧の変化が激しい職場もストレスになりますので、飛行機や電車、船などの仕事はお勧めできません。

 

職業としては聞こえることを生業としないものがストレスがかかりにくいのではないでしょうか。

 

難聴にベストだと思える仕事環境とは

 

hearinglossstress.hatenadiary.jp

 

テレフォンオペレーターや受付事務、接客業は常に人と会話をしなければなりません。

ヘッドホンが片耳だけに対応している職場であれば、片耳だけの使用で問題のない・難聴が起こっていない職場を選べばいいかもしれませんが、そのような職場は少ないです。


片耳で聞きとると距離感がつかめず、聞き取れる言葉も少ないこともあり、余計にストレスになってしまうのです。


すると仕事どころではなくなりますし、もう片方の耳にも異常が現れる可能性もあります。

 

ですから職業としては人と接する時間が最低限で済むもの、もしくは周りに理解してもらい協力を望める場所で仕事ができることが望ましいです。

 

また在宅ワークや自営業など、ある程度時間に融通の利く仕事もいいでしょう。

仕事のやり取りがメールだけで済む仕事や、病院への通院時間を確保できる仕事はストレスが少ないようです。

 

ストレス性の難聴にかかった場合、安静にすることが求められます。

しかし仕事をしなければ病院の治療代も捻出できませんし、なかなかうまくいかないものです。

 

だからこそストレスを感じにくい職業や職場を選び、難聴の治療を進めるということも選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

ストレス性の難聴の多くは片耳に起こり、余計にストレスになることがあります。

更なるストレスが違う病気を引き起こす前に、仕事環境も見直してみましょう(*^^*)