難聴になるストレスの症状や対処法を考えるブログ

毎日の生活の中抱えてしまうストレスが引き起こす症状について

MENU

ストレスによる難聴を治療しても再発を繰り返すケースについて

    f:id:haken1000:20171115220836j:plain

 

ストレス性の難聴は残念ながら再発することがあります。

理由はいろいろありますが、一体どのようなケースで難聴が再発するのか見てみましょう。

 

再発する難聴の種類

再発しやすいストレス性の難聴に、低音障害型感音難聴があります。

20~40代の女性によく起こる病気で、難聴以外には低音の耳鳴りや片耳の聞こえが悪くなることが挙げられます。

 

突発性難聴と間違われやすいのですが、重症化しづらい病気と言われています。

しかし治療をきちんと受けなければ再発しますし、ストレスが解消されなければ再発する可能性は高まります。

 

再発する難聴の原因

難聴が再発するのは治療を最後まで続けなかったこと、ストレスが解消されないことが主な原因です。

 

一回目の難聴で医師の指導の元、最後まできちんと薬を飲んで診察を受けていれば再発の可能性は低くなります。

 

しかし症状が良くなったから、忙しいからと言って治療を中途半端にすると、再発する可能性は高くなるのです。

 

またストレスが原因の難聴ですから、ストレス源が残ったままでは再発する可能性は十分にあります。

 

難聴の再発を防止するためには

ストレスを受け続けることで難聴やめまいなど、様々な症状が体に起こります。

するとまた耳が聞こえにくくなったと病院に通うことになりますし、胃炎や自律神経失調症などほかの病気の治療も受けなければならなくなる可能性があるのです。

 

ストレス性の難聴が再発しないようにするためには、1回目の難聴治療を最後まできちんと受けることが大切です。

 

医師がもう受診しなくていいと言うまで通院し、薬は処方された分を決められた時間に決められた量飲みましょう。

 

そして難聴の原因となるストレスから離れるか、ストレス解消を上手にしていきましょう。

 

また日常生活では睡眠を取ることと食事のバランスに気を配ること適度な運動を取り入れることが大切です。

 

規則正しい生活習慣はストレスを感じない方法と言われていますので、予防のためにも実践してみましょう。

 

ストレス性の難聴は再発する可能性がありますから、再発防止に努めることが大切です。

 

そのためにも生活習慣の見直しや周囲環境の見直しなど、できることから始めてみると良いですね(*^^*)