難聴になるストレスの症状や対処法を考えるブログ

毎日の生活の中抱えてしまうストレスが引き起こす症状について

MENU

ストレスにより難聴とあわせてめまいを感じたらメニエール病?

    f:id:haken1000:20171114232608j:plain

 

難聴の中でもめまいなど様々な症状が複合して起こるのが、メニエール病です。

ストレスが原因と言われているメニエール病は、めまいと難聴で判断していい病気なのでしょうか。

 

 メニエール病の特徴

そもそもメニエール病とは内耳の病気で、めまいと難聴および耳鳴りが連動して起こるのが特徴です。

 

片耳だけに症状が出る人が最も多く両耳とも起こることは珍しいのですが、人によってその定義に当てはまらないこともあります。

 

原因はリンパ液の過剰と言われており、内リンパ水腫の一種とされています。

しかしその仕組みは解明されておらず、それでいて先進国に多く見られる病気であることからストレスが関連しているだろうと考えられています。

 

働き盛りの年齢でかかることが多く、気圧の変化や季節の変わり目、天気などによっても発作が起こりやすいのも特徴です。

 

メニエール病の症状

メニエール病と言えば、真っ先に頭に浮かぶのは激しいめまいです。

何の前触れもなく回転性のめまいから始まり、目を開けていても閉じていても辛い状態となり、そして耳鳴りや閉塞感さらに難聴が見られます。

 

どのぐらいのペースでめまいが起こるかは人によって違いますが、短いスパンだと数日、長いと数カ月や1年に1回と言うこともあります。

 

通常30分から数時間ひどいめまいに見舞われ、症状が軽くなると耳鳴りや耳の閉塞感が起こり、難聴も起こったり軽くなったり消えたりと様々です。

 

しかし繰り返すほど難聴や耳鳴りが続くことが多くなり、さらに激しい頭痛や吐き気、冷や汗などに苦しめられることもあります。

 

メニエール病の治療

メニエール病の治療は耳鼻科で受けるよりほかありません。

薬を使っての治療、もしくは手術を行う治療です。

 

薬の治療では抗めまい薬や内リンパ水腫の薬を処方されますが、メニエール病は難病指定の病気ですから完治は難しいことが多いようです。

 

難聴に関しては進行が防ぐことができない場合もあり、進行が早いようなら手術を選択することもあるのです。

 

手術にもめまいを重視した手術や、聴力を重視した手術など症状に応じた手術法、希望する手術法によって行われます。

 

耳の症状は耳鼻科医にお任せしながら、自分ではもちろん日常生活でのストレスを改善することも大切です。

 

また、生活習慣の改善で体調の管理をすることも重要です。

栄養の摂り方や足りない栄養素を補うなど、毎日行うことで得られる効果もありますので積極的に取り入れることも1つの方法ですね。

 

ストレス解消や睡眠不足にも気をつけながら、食生活の見直しをすることで改善への助けとなります。

リラックスした状態で身体を休めましょう。

 

長くなりやすい治療ですが、早期発見と早期治療の開始により軽減することもあります。

 

メニエール病は多く見られる病気ではありませんが、ほかの難病に比べて完治が難しい病気です。

 

めまいと耳の症状に気づいたら、ストレスがないかチェックし、早急に耳鼻科を受診しましょう。