難聴になるストレスの症状や対処法を考えるブログ

毎日の生活の中抱えてしまうストレスが引き起こす症状について

MENU

難聴の子供が感じているストレスの種類や特長について

    f:id:haken1000:20171105214908j:plain

 

子供の難聴が起こると、何が原因なのか親はストレス源を探しに奔走します。

しかし子供の場合はほとんどが周囲の環境に、ストレスの原因があるとされています。

 

子供のストレスの原因

特に大きいのが人間関係と言われています。

人間関係と言っても様々で、親や家族との関係や友達関係、ほかにも学校の先生などがあります。

 

家庭環境にストレスを感じているようなら、夫婦げんかが増えていないか、子供の前で夫婦げんかをしていないか見直してみましょう。

 

親同士がけんかする様子を目の前で見続けた子供は、ストレスから体調を崩すことが良くあります。

 

また友達同士の関係の場合は、いつも仲よく遊んでいた友達に無視されたことやいじめがあるようです。

 

学校の様子を担任やほかの子供に聞いてみるのも一つの方法です。

また転校などで友達関係が変わることも、ストレスになることがあります。

この場合は子供が新しい環境に早く慣れるよう、親も力添えをしてあげましょう。

 

信頼できる人を作ることが改善への一歩

最近はニュースでも先生との関係をストレスに子どもが自殺するという報道がありました。

 

教師と生徒の相性はあるでしょうが、ストレスになるほどの関係だと子供の心因性難聴が起こる可能性も上がります。

 

この場合は学校と話し合うしかありませんが、まずは普段の様子を周りの子供から聞くことも必要です。

 

また親の転勤や入学で環境が一変することも、ストレスになることがあります。

 

周囲に知っている人がいない、サポートを受けられずに孤立してしまうとストレスは大きくなるでしょう。

 

その結果難聴にかかることもありますので、子供の様子を見ることは大切です。

子供はストレスを感じてもストレスと思っていない場合があります。

 

そうすると難聴にかかっても原因が分からない、難聴という自覚がないことも出てくるのです。

 

最近会話がしづらい、音が聞こえていないようだと思ったら、子供の様子を注意深く観察しましょう

 

本人は自覚していなくても、周りが気付いたり健康診断で判明することもあるのです。

難聴の子供は周囲の環境の変化に敏感ですから、親が頼れる存在となりましょう。

 

ストレスにはさまざまな種類がありますが、自覚がない子もいますのでよく観察してあげることが重要です。